ワイシャツ・Tシャツの黄ばみを取る方法。

生活の知恵

しっかり洗剤を入れて洗っているはずなのに、ワイシャツやTシャツがくすんできませんか。白いものは、パキッと白くないとかっこ悪いですよね。

黄ばみ汚れを落として、気持ちよくよみがえらせる方法を紹介します。

黄ばみ汚れの原因

衣類がくすんで黄色くなるのは、皮脂の汚れが残っていることが原因です。普通に洗濯していると、落としきれておらず、蓄積されていってるのです。

襟の内側やそでの黒ずんだ汚れは、肌がこすれることで皮脂汚れとほこりやちりが繊維の奥まで入り込んでしまったものです。

皮脂の汚れを取る方法はしみや黄ばみを防ぐ収納前の洗濯方法をご覧ください。

黄ばみをきれいにするには、まずは皮脂の汚れを落とします。

しつこい黄ばみ汚れ

しみや黄ばみを防ぐ収納前の洗濯方法をしても、まだすっきりしない黄ばみを取る方法を紹介します。

  • 洗濯用合成洗剤粉末を既定の2倍の濃度で浸け置き洗い
  • セスキ炭酸ソーダを使う
  • 漂白剤を使う
  • 漂白剤をつけて熱を加える
  • 頑固なしみにはペースト
  • 白物専用なら還元系漂白剤

 

洗濯用合成洗剤粉末を既定の2倍の濃度で浸け置きします。

洗剤は洗濯用の粉末タイプの合成洗剤を使います。液体洗剤よりも粉末洗剤の方が洗浄力は高いのです。

成分に蛍光増白剤が配合されているものを選びます。蛍光増白剤は白く染める成分です。

ですから、黄ばみを白く染めてしまおうという方法です。

[su_row] [su_column size=”1/2″]  [/su_column] [su_column size=”1/2″]  [/su_column] [/su_row]

  • 洗濯合成洗剤(蛍光増白剤入り)を既定の2倍の濃度に溶きます
  • 洗剤液の温度は40°以上にします
  • 1時間以上浸けます
  • 通常どおり洗います

 

ときどき上下を返したり、振り洗いして1時間以上浸けておきます。

蓋付きのバケツがあると温度が保てて便利です。その後はその洗濯液で通常どおり洗います。

蓋付きバケツオムニウッティ

カラフルでかわいいバケツ。椅子として使える充分な耐荷量があり、ハンドルにはゴムホース用の穴が開いています。サイズもいろいろあって、洗剤グッズ入れにしてもゴミ箱にしてもいいし使い方いろいろ。ふたに凹凸がないので、上に物がのせれるところがいい。

セスキ炭酸ソーダを使う

  • セスキ炭酸ソーダを既定の濃度より濃く溶かします
  • 40℃以上にします
  • 1時間以上浸け置きします
  • 揉み洗い、振り洗いをします
  • 通常どおりの洗濯をします

濃いめのセスキ炭酸ソーダ水溶液につけて、しばらく時間をおいて揉み洗いや洗濯ブラシでこする。

その後、通常の洗濯洗剤とダブルで洗う。セスキ炭酸ソーダは環境にも優しく、家じゅうの汚れに使えます。

漂白剤を使う

油汚れを洗った後に漂白剤を使用します。

  • 酸素系粉末漂白剤を使います
  • 必ず40℃以上のお湯に溶かします
  • 浸け置きは1時間程度は置きます
  • その後水洗いします。

 

酸素系粉末漂白剤

漂白剤をつけて熱を加える

お湯で浸け置きしてもまだきれいになっていないようなら・・・

漂白剤が付いた状態で脱水します。

  • 漂白剤が付いた状態にします
  • スチームアイロンのスチームをかけます
  • すすぎ洗いをします

そして、スチームアイロンのスチームをかけます。熱を加えることが目的なので、ドライヤーの熱風を当ててもいいです。

効果が見られなければ、漂白剤の濃度を濃くしてスプレーなどでかけます。スチームアイロンのスチームをかけてみます。(生地が傷む可能性もあります)

頑固なしみにはペースト

全体の黄ばみではなく、襟の内側の頑固汚れや部分的なしみを落とす方法です。

  • 粉末酸素系漂白剤と粉末洗剤を半々の割合で混ぜ合わせ、少量の水を加えてペーストを作る
  • 汚れの部分に塗りつけます
  • アイロンのスチームを当てます
  • 通常どおり洗います

ペーストは粉末酸素系漂白剤と粉末洗剤を半々の割合で混ぜ合わせ、水を加えて歯磨き粉くらいの固さに練ったものです。しみ、汚れの落ちない部分に少し厚めに塗ります。アイロンのスチームで熱を加えます。

白物専用なら還元系漂白剤

還元系漂白剤の溶液を作る

温度は40℃を保つようにする

2時間浸ける

真っ白な衣類なら、還元系漂白剤(ハイドロハイター)で漂白してください。40℃のお湯に溶かして2時間程度浸けておきます。

色素を分解する力があるので、色柄ものには使えません。高温、長時間では繊維を傷めます。

還元系漂白剤の働きは

  • 塩素系漂白剤による一部樹脂加工品の黄変の回復
  • 鉄分の多い水による黄バミの回復
  • 洗っても落ちない鉄サビ、赤土の黄色いシミの回復

まとめ

洗剤によって得意なことと、できないことがあるので注意書きを確認する。

液体洗剤よりも、粉末洗剤の方が洗浄力は高く、温度をかけると効果が高い。

 

通常は液体洗剤で洗濯しても5回洗ったら、1回は粉末洗剤で洗うなどの方法で、適度に使い分けをするとよいようです。

また、時々はお湯で洗ったり、漂白剤の浸け置き洗いは黄ばみやしみの予防に必要なのですね。

タイトルとURLをコピーしました