お店をもつなら、女性起業家セミナーのヒントがおすすめ

その他

スポンサードリンク
 

ビジネスサポートセンター

市や県が「起業セミナー」をごく安い料金でしていることがあります。この、ビジネスサポートセンターが女性起業家を迎え、セミナーをしていたので参加してきました。

「ビジネスサポートサンター」は市が運営している機関で、ショッピングセンター内にありました。特に相談があるわけでないため、ほとんどの人はスルーします。

創業のための相談シートや、交流会の案内などのパンフレットがいろいろあります。

その中の一つに、女性企業家をゲストに迎えて、講演会のお知らせがありました。

女性起業家のお話

特に起業の予定がない方でも、刺激になる講演内容でした。

参加人数は100名程度来ています。会社関係かと思われるスーツの男性や若い女性も来ています。

セミナーは女性起業家を迎えて、起業のきっかけや苦労したことや起業への思いを伝えるのがテーマとなっていました。

講師は女性の起業家。園田 正世氏。

専業主婦で育児中に立ち上げた育児サークル活動中に、アメリカ製の赤ちゃん用だっこ紐スリングに出会うのが起業のきっかけになる。

買えるところがなくて、自分の為に個人輸入したところから始まった。

起業のきっかけ

自分の子供に使ってみた「抱っこひも」がとても良かった。

いいものだから、友人に伝えたい。

知らない人に教えてあげたい。

手に入れやすいようにしてあげたい。

買えるところを作ろう

会社を作る

自分が使ってみて、肩がラクで赤ちゃんもすぐに寝てくれる 🙂

いい商品だから、たくさんのお母さんたちに教えてあげたい、きっと役立つから喜んでもらえると確信する。

しかし、当時は売っているところがなく個人輸入しかなかった。

買いたくても買えない、それなら、自分が販売をしようと考えた。

 

2003年オリジナルスリングなどの製造販売を開始し、全国のデパートで取り扱われる一大ブランドに成長した。

だっこひもs-

 

当時は助産師さんに紹介して、月に2、3個販売していたが、ネット販売を開始すると月に60本位売れるように。

順調に売り上げを伸ばして現在に至っているとのこと。

起業家の考え方

思いついたらすぐ行動

参考になったところその①

ネットの販売をするのにホームページを立ち上げなければならない。

パソコン教室に行くと習うのに3か月かかる。それを、習いに行くのではなく、そのソフトが使えるようにだけしてほしいと交渉して、3日で教えてもらってホームページを立ち上げている。

参考になるところその②

アイデアや気になることがあると、移動の途中にでもすぐに弁理士や専門家に電話相談してすぐ動く。とにかく早く何かの手を打っている。

自分一人でできない

参考になるところその③

自分のすることと、人にお願いするところをしっかり見極めて時間を使っている。

家庭でも徹底していて、料理と子供の事は自分が絶対にして、掃除と洗濯はヘルパーさんにお願いしている。

最初の頃から配送はアウトソーシングを頼んで、配送の手間を省いている。

優先順位をつけている

参考になるところその④

自由が丘と神戸にリアルショップを作り、宣伝効果はあったが相当な出費になったことがあったり、社員が勝手に生地を大量注文していたり、架空の会社から請求が来たりする問題も発生した。

自分はこの仕事が好きだから、続けるにはどうするのがいいのかを最優先に考えて訴訟もしない選択をしてきた。

自分のビジネスは小さい専門家で行こうと決めており、赤ちゃんのもののイメージをなにより大切にしている。

お客さんのためにが第一

参考になるところその⑤

SNSやブログを広告に利用するが、お客さんに発信するのはお客さんにとって価値あることのみにしている。

商品に関係のないことは一切入れない。

投資と時間を決める

参考になるところその⑥

フェイスブックに広告を出す際、電話して問い合わせした。費用は1か月15万円を3か月続けた。3000いいね!を集めたら、だいたい広告効果があると言われており、1か月で1000いいね!を集められたので3か月で打ち切りにした。最初に目標を設定して、決めたところに来たら予定通りやめている。

参考になるところその⑦

小さい商売のうちは、なるべくお金をかけないように考えがちだが、専門家の知識や技術をお金で買って、解決していった。

お金を使わなかったら、時間がかかり過ぎてしまうので、様々な問題の解決のスピードを図るための投資をしていった。

自分の現時点の役割

参考になるところその⑧

現在は子育ての時期を終え、自分が前に立って仕事をするべきではないと思い、若い人に運営をまかせている。

「スピードと行動と時間と知識への投資」

園田氏のこれから起業する方へのメッセージだった。




タイトルとURLをコピーしました