ほくろが大きくなって形が変わった

美肌
南国女性

ほくろが大きくなったので、カソーダを試してみました

それこそ、赤ちゃんの時からある私のほくろ

だんだんと、大きくなってなんかちょっと痒いような・・・

顔とかにあるなら、気になってすぐになんとかしたんですが「背中」だったのでさほど気にもせずに長年過ごしていました。

ほくろについて、調べてみたら「ひまし油でしみ、ほくろがとれる」という記事を発見!

ヒマシ油なら、ドラッグストアで350円ぐらいで済むはず。試してみることに決定。

とにかく病院に行く手間がないこと、安くすむことに俄然やる気になりました。

結果、高くつくことになってしまいますが・・・

カソーダ

「カソーダ」というアメリカで開発された商品があります。

これは、凹凸のある肌をなめらかにするというもので、「しみ、ほくろ、あざ、いぼ、たこ」に効果があるそうなのです。

このカソーダの成分は、ひまし油と重曹(重炭酸ナトリウム)です。

重曹はアルカリ性なので、

徐々に皮膚を溶かして→古い皮膚を剥がして(新陳代謝として)→新しい皮膚ができる→しみが消える

ということです。

カソーダは楽天でも販売されていますよ

[su_row]
[su_column size=”1/2″]

[/su_column]
[su_column size=”1/2″]

[/su_column]

使い方は

① 肌を清潔にする

② シミやほくろなどの取りたいものに少しだけ針などで傷をつける

③ 取りたい部分だけ、盛るようにつける

④ 絆創膏などで紫外線があたらないようにする

これで、気長に待てばとれるそうです。
新陳代謝が活発な若い方は早いとか。

なんせ、私の場合は背中ですから少々赤くなっても構わない

即刻、取り除きたいほどの緊急性がないのでこのカソーダをやってみます。

 

カソーダは手作りできます

カソーダの成分はひまし油と重曹です。

ドラッグストアでひまし油は350円程度です。重曹も同じく安価で売っています。

作り方

重曹:ひまし油=2:1

混ぜるだけです

綿棒などを使ってシミやほくろの気になるところに盛ってください。

使用感

手作りしてみました。

適当にひまし油に重曹を加えて、綿棒でまぜまぜ

ひまし油が多いと、だれて流れてしまうのでひまし油は少な目にしてください。

患部に塗る・・・・

なんともない・・・しばらく待ってみると

ちょっとだけですが、「ちりっ」とするかしないか

ほとんど、何ともないです。

これを、しばらく続けて様子をみることにしました。

オーガニックオイルのコスメ

タイトルとURLをコピーしました