ホワイトデー2020年でお返しはいつまでに買う?渡すのはいつの日?

ホワイトデー
この記事は約5分で読めます。

いまや、当たり前となっているホワイトデーのお返し。
バレンタインでチョコレートを貰った人は、ももれなくお返ししましょうね。

お返しを買う時期や、渡すのにいい日にちはいつでしょうか。
ホワイトデーの起源や由来についてもまとめています。

スポンサーリンク

ホワイトデー2020年はいつ

お店ではバレンタインデーが済んだら、即日のうちにホワイトデー売り場になりますよね。

ホワイトデーの日にちは、毎年3月14日で固定されています。

2020年のホワイトデーは、3月14日(土)です。

土曜日ということは、いろんなイベントが行われる可能性がありますね。

ホワイトデーの起源や由来

ホワイトデーの習慣は、実は日本で始まったもので欧米ではないのです。
そして、意外に歴史も浅いのです。

バレンタインデーが世の中に浸透してきたのは1970年代。
「チョコを渡して告白する」ということが、世の中の女の子に大受けして、爆発的にチョコレートが売れました…

お菓子業界は、めちゃめちゃチョコが売れたので気を良くしました。
では、「チョコのお返しをする日」というを作ったらどうかという案が出てきたそうなのです。

バレンタインデーもホワイトデーも
お菓子業界の販売戦略だった。

「お祝い」や「お見舞い」など、何かをもらったら「お返し」をするのが日本の文化ですよね。
それで、「チョコ」をもらったのに、もらいっぱなしはやはり気持ちが悪い。
人の道に反するというふうに、考えられたとのこと。

 

ホワイトデーが3月14日になったのも、お菓子業界の事情がありました。
2月はバレンタイデーで業界は大忙しです。

落ち着いた3月が「お返しする日」として都合が良いと考えられたみたいなのです。

なるほど、1ヶ月後なら、バタバタの時期が終わって落ち着く頃です。
しかも、ほとぼりが冷め切るほど先でもない、よく考えられた絶妙な時期 ^^

恵方巻きにしても、商売人はいろいろと考えてブームを作っていますね。

ホワイトデーはマシュマロデーだった?

ホワイトデーはかつては、マシュマロを贈る日だったようです。

1973年 不二家&エイワ発祥説

1968~69年頃には、いろいろなメーカーが「バレンタインデーのお返し」といてお菓子を売り出すようになっていました。

1973年にはマシュマロメーカーのエイワ(東京・世田谷区)が不二家と協力して、「リターン・バレンタイン」とネーミングして3月14日から売り出しました。

同社は、これがホワイトデーの由来で、マシュマロを贈る元祖となったと言っています。

1978年、「石村萬盛堂」発祥説

福岡・博多の老舗菓子メーカーの「石村萬盛堂」が発祥とする説です。

社長が少女雑誌で「バレンタインのお返しがないのは不公平」という投稿を見て、と思いついたというのです。

「石村萬盛堂」の名物は、マシュマロ生地の「鶴乃子」というお菓子です。

このお菓子を元に、得意なマシュマロをチョコで包んだ「チョコマシュマロ」を編み出しました。

それが、これです。

1978年から3月14日を「マシュマロデー」として7~8年販売していたそうです。
その後、百貨店の提案で「ホワイトデー」と改名したというのです。

なるほど、「マシュマロデー」だとお菓子の種類も限られてしまいますね。
百貨店としては、よその店の商品も売れたほうがいいですよね。

「石村萬盛堂」さんの立場だったら、「マシュマロデー」のままのほうが良かったかも?

「ホワイトデー」というネーミングになったのは、マシュマロが白いからという理由からつけられたようです。

他には、
恋人→ らぶらぶ→ 甘い→ 砂糖→ 白い→ ホワイトデー
という連想ゲームの流れでつけられたとか。

ホワイトデーのお返しを買う時期

ホワイトデー商戦は、バレンタインデー当日から始まっていますね。
最近はバレンタインデーと期間が被っているようにも思えます。

人気の商品を贈るつもりなら、早めに確保して当日を迎えたいものです。

ちょっと気にしてもらいたいのは、消費期限と賞味期限です。
モノによっては、乾き物なのに日持ちしないこともあるんです。

賞味期限とは、
おいしく食べられる期限のこと。
スナック菓子・カップ麺・チーズなど傷みにくい食品の期限。
贈る日が賞味期限内であっても、残りの日にちが少ないのはマズイです。
消費期限とは、
安全に食べられる期限のこと。
お弁当・サンドイッチ・生ケーキなど傷みやすい食品の期限。

バレンタインデーで選ぶモノによっては、消費期限の短いものもありますので注意します。

■飴・キャンディー類

一般的に、飴の類は賞味期限が1年ありますので、買い置きでも心配なし。


■クッキー類

製造日から10日のものから、365日のものまであります。
手作りだと、1週間ぐらいから劣化してくるのがわかります。

クッキーは水分の少ないお菓子ですが、意外に期間が短いのです。

■マシュマロ類

マシュマロの賞味期限は幅があるので、買う前の確認が必要です。

袋に入っていて、常温でスーパーなどに陳列してあるマシュマロは150日から180日の長期保存可能です。

ケーキ屋さんが出しているのは、冷蔵保存で5日ぐらいまでのものもあります。
生タイプのマシュマロは、前もって買っておきにくい。

ホワイトデーのお返しを渡す日や誘う日

ホワイトデーのお返しを渡す日は、当然ながら、ホワイトデーの当日3月14日がお決まりですよね。

2020年のホワイトデーは、土曜日で会社の人はお休みかもしれませんね。

もし、14日は渡せそうにないなら、13日までにしましょう。
むしろ、早め過ぎぐらいの日がいいですよ。

同じものをプレゼントされるにしても、日にちってとても大事です。
遅れてもらうと、みごとに嬉しさが半減するんですよね。

遅れて渡した印象は、間違いなく悪くなります。
本命さんだけではなく、たとえ義理でも女性はいい感じを受けないと思います。

せっかく返すなら、価値のある早めです。

まとめ

ホワイトデーで、バレンタインのお返しをする日は2020年3月14日【土】です。

お返しをする日にちは、当日でなく早めの日にしても構いません。

むしろ、早めのほうが良い印象になります。

タイトルとURLをコピーしました