飲む日焼け止め成分ニュートロックスサンの原料

日焼け

ニュートロックスサンの成分

「飲む日焼け止め」が人気があるようです。

成分は、ニュートロックスサンというもの。日焼け止め効果が、日焼けの後にもあるというのがすごい。
成分の材料となるのは、ローズマリーの葉とシトラスの実です。

ローズマリーとシトラスにアレルギーがなければ、面倒な日焼け止めを塗る手間がなくなりそうです。

特に副作用の報告もでていません。

原料となる植物は、太陽光の強い地域で摂れた材料が良いと言われています。

ニュートロックスサンは紫外線量の多いスペインの紫外線対策として研究されました。

原料の産地について

日差しの強い、スペインで研究されて、その地域の植物から摂れたというのには

なるほどなぁと思いました。

アロマテラピーの考え方の一つに、「あなたの必要なものは、あなたのそばにある」というものがあります。

「あなたの身体の不調を治すことのできる植物はあなたの家の近くにありますよ」というものです。

あなたに不調があるのなら庭に出てみてください。

そこには、あなたに必要な植物が自然に育っているはずです。その植物の力を借りてください。

そして、もう必要なくなれば自然と庭からその植物は姿を消すでしょう

太陽光の強いスペインは有機農業が盛んで、有機農業面積はEU内で第1位です。小麦、大麦、オリーブは世界第1位、タンジェリン・オレンジも1位です。

地中海料理はオリーブオイルとハーブをふんだんに使いますから、ローズマリーも毎日のように食卓に並びます。自然環境にあった食文化が育っているのですね。

植物は同じ種類でも、生育している場所によって大きく成分が違います。アロマテラピーでは、香りも大きく違うため産地によって、別のものとして扱います。

ローズマリーとはどんな植物

ニュートロックスサンの原料となっているのが、「ローズマリー」です。

ローズマリー
科名 シソ科
香りの特徴 樟脳のようなさわやかな香り
植物特性 樹高1m以上にもなる常緑低木
学名 Rosmarinus 「海のしずく」を意味する。花の色が聖母はリアの青いマントと結び付けられ、「マリアのバラ」と呼ばれたとの説もある。

精油に含まれるカンファーはカンフル、樟脳とも呼ばれ、古くから防虫剤の原料として使われてきました。

また、ローズマリーは血管を強くし、血行をうながし、消化機能を高める効果で新陳代謝を促進する働きがあります。

  • 細胞の老化を防止する抗酸化作用があることから、「若返りのハーブ」とも呼ばれています
  • ローズマリーには記憶力や集中力を高める作用があるとされています
  • 精神を高揚させ、軽い鬱病を和らげる効果もあるといわれています

ニュートロックスサンの服用をしない方がよい人

ニュートロックスサンはシトラスとローズマリーから抽出される成分です。

特に副作用の報告はありませんが、以下の人は飲まない方がいいです。

高血圧の人や、妊娠中、授乳中の人
ローズマリーやシトラスにアレルギーがある人
4歳未満の子ども

ニュートロックスサンの効果

ニュートロックスサンは、紫外線を浴びてしまった後に飲んでも、抗酸化効果があります。紫外線を浴びてしまった後のアフターケアとして飲むのもいいのです。

飲み続けると効果が高まります。

実験データによると、85日間ニュートロックスサンの摂取を続けた人に60%の紫外線防止効果が見られました。
ですから、3か月程度飲み続けるとしっかり効果が出るということです。

続けられる金額というのも重要ですね。

ニュートロックスサン含有の商品

ニュートロックスサンの含有商品は、いろいろと出ています。

ニュートロックスサンの含有成分は多い方がよいでしょうが、続けなくては効果を充分感じることができません。

含有成分の量と、金額で納得できるものを見つけたいですね。




タイトルとURLをコピーしました