郵便局のみまもり・駆けつけサービスは使えるサービスか?端末性能は

生活の知恵

郵便局のみまもりサービスがスタートしました。

オプションとなっている「駆けつけサービス」について調べてみました。

駆けつけサービスとは

「みまもり訪問サービス」か、「みまもりでんわサービス」を申し込んでいる人がオプションとして付けれるサービスです。

もしものとき、家族の要請で利用者宅に駆けつけます。

月額800円(税抜)プラス選んだ警備会社の料金の合計額がかかります。別途、警備会社との契約が必要です。

1回の駆けつけ料金は5000円(税抜)です。

端末の貸し出しはありません。

駆けつけ警備会社

「駆けつけサービス」を行う会社は2つあります。

セコムALSOKです。

家族向けサービス

家族等の電話要請で、利用者宅に警備会社が駆けつけるサービスです。

24時間対応で自宅内のみです。利用者の鍵の預かりをします。

月額利用料は800円

駆けつけ料金は1回5000円で、1時間を超える毎に同料金が発生します。

本人向けサービス

本人に端末を貸出しします。もしものときには、緊急情報を関係機関へ連携し、駆けつけるサービスです。携帯端末は位置情報に基づき現地へ駆けつけるサービスもあります。

いずれも24時間電話相談サービスがあります。

セコム

携帯端末に救急通報、位置検索の機能を搭載しています。

もしもの時は救急情報を関係機関へ連携し、駆けつけるサービス。

使用範囲 自宅内外兼用
鍵の預かり

緊急情報の預かり

あり
月額使用料 1800円
駆けつけ料金

自宅内

自宅外

自宅内  緊急時無料、

その他5000円(1時間超えるごとに、同料金発生)

自宅外 10000円(1時間超えるごとに、同料金発生)

設置方法 携帯
 通信回線 au
 通話機能  セコムメディカルサポートセンターへの発信 9件までの登録先へ発着信が可能
 バッテリー持続時間 約890時間
現在位置検索 GPSによるWebでの確認は、月2回まで無料

月3回以降1回あたり100円

コールセンターでの確認は1回あたり200円

緊急連絡先 最大5名まで登録可能

 

HOME ALSOKみまもりサポート

コントローラーのボタンやペンダントを押下することでALSOKへ通報され、もしもの時は緊急情報を関係機関へ連携し、駆けつけるサービス

使用範囲 自宅内専用
鍵の預かり

緊急情報の預かり

あり
月額使用料 3100円
駆けつけ

料金

自宅内

 

自宅内  緊急時無料

依頼に基づく出動3000円

設置方法 壁面等に設置
 通信回線 固定電話回線
 通話機能  ALSOKヘルスケアセンターとの通話が可能  (発進時:利用者の電話回線通話料がかかる)
 バッテリー持続時間
現在位置検索
緊急連絡先 最大5名まで登録可能

ALSOK まもるっく

携帯端末に緊急通報・位置検索・転倒・ライフリズム異常を自動通報する機能を搭載し、もしもの時は位置情報に基づき現地へ駆けつけるサービス

使用範囲 自宅外専用
鍵の預かり

緊急情報の預かり

なし
月額使用料 2000円
駆けつけ料金

自宅外

6000円

(1時間超えるごとに、同料金発生)

設置方法 携帯
 通信回線 SoftBank
 通話機能 110番・119番・118番 ALSOKヘルスケアセンターへの発信に加え、予め登録した7件の番号との着信通話が可能(原則通話料無料)
 バッテリー持続時間 約62時間
現在位置検索 GPSによるWebでの確認は、回数無制限で無料。コールセンターでの確認も無料。
緊急連絡先 最大3名まで登録可能

 

まとめ

セコムとALSOKから24時間対応のサービスがあって安心です。

「みまもりでんわサービス」などで、応答がない場合の「駆けつけ」に対応できます。

 

サービスは募集がスタートしたばかりです。ランダムに郵便局に問い合わせしたところ、どこの局もまだ、内容が十分わからない状態でした。まだ、社員さんも目を通していない書類を見せてもらいました。

提携する警備保障会社も、おそらく今は手さぐりしてる状態?運営していくうちに端末の種類が増えたり、サービスが変わったりしそうです。料金としては、安くはないけれど「おかしい!」と思ってすぐに行ってもらえるのはありがたいサービスだと思います。

高齢の方、一人暮らしの方の多くは「一人で動けずに、どうにもできなかったらどうしよう?」と思っておられるので、「端末」を携帯することで安心されると思います。

どちらかというと「携帯タイプ」の方が、使い勝手がいいでしょう。高齢者は、自宅内で体調悪化、ケガが起こりやすいのですが、万一の時は手の届くところにないと使えません。

いつも長い紐を取り付けてベルトに付けたり、首から下げてポケットに入れたりしている方が多いです。眠るときも、手の届くところに置いておきます。

万一というのは、浴室、トイレ、玄関先ということが多いです。

もしも、認知面で少しでも不安があるときは位置情報機能があるものにします。普段では考えられないところへ、迷い込んでしまうことがよくあるからです。

郵便局のみまもりサービス

「みまもり訪問サービス」についてはこちら

「みまもりでんわサービス」についてはこちら

タイトルとURLをコピーしました