衣替えの準備はいつするべきか

生活の知恵

春と秋の衣替え

衣替えとは、季節に応じて学生や企業の制服(夏服、冬服など)を変更することを指します。

季節によって気温が変化する日本では、多くの地域で、毎年6月1日と10月1日に一斉に衣替えが行われます。

多くの場合、2週間程度の移行期間が設けられます。

衣替えの日にちが決まっていても、温暖化が進んでおり暦の上での衣替えとはずれているようです。

衣類の入れ替えは早すぎても二度手間になってしまうので、間違いのない時期にしたいものです。日にちはある程度の目安として、最高気温を目安に考えて衣類の収納をするのがよさそうです。

お住まいの地域や、その時の天候によって違うので衣服の入れ替えの時期の決め方を説明します。

衣類の入れ替えの時期の決め方

もう、大丈夫だと入れ替えてしまって失敗したことがありませんか?

まだ、もう少し出しておいた方がいいかな?まだ早いかな?と思っていると、今日着たい服がない!という事態になってしまいます。

お天気予報をみる

せっかくしまった服をまた引っ張り出してというと、また洗濯し直して二度手間となってしまいますよね。そんなことのない、最も合理的な方法は予報で気温予測を調べる方法です。

10日間天気

Goo天気

AccuWeather

お住まいの地域の最高気温を見ていきます。最近の天気予報は、かなり正確に天気も気温も予測してくれます。

衣替えする目安の気温

夏から秋への衣替えの時期

最高気温20~22℃が半袖と長袖の分かれ目の目安の温度となります。

最高気温が22℃を超えない日があったら、秋モノを着るようになります。

東京では9月23日、22℃まで達しないようです。

夏の服は、収納に向けて丁寧な洗濯やクリーニングに出してよい時期となります。

大阪では22℃まで達しない日は11月19日までない予想になっています。

最高気温が22℃を切るようになったら秋物メインです。

夏物は収納して、秋冬モノの準備をします。

たたみじわなどがあれば、ハンガーにかけておくといいです。

東京では20℃にならないのは10月5日と予報がでています。

22℃を切ったら、20℃に達しない日が来るのは早いです。秋物のセーターや羽織ものが必要ですから出しておきましょう。

最高気温が15℃を切るようになったら、完全に冬服を着る時期です。

予報をみて、15℃を下回る予想が出ていたら厚手のセーターやコートなどの準備しておきましょう。

まとめ

衣替えの6月1日と10月1日は目安です。そこからお住まいの地域の1ヶ月の最高気温の予測をざっくり調べて収納する予定日をきめましょう。

基準となる最高気温は22℃、20℃、15℃です。

過去の平均気温より、実際の気温の方が高くなっています。

タイトルとURLをコピーしました