池袋サンシャインクリニックのホクロ除去

美肌

ホクロには保険適用になるものがあります。

ホクロを取るのは、一般的に美容目的とされています。

ですから、ホクロ除去は自費での診療となり、ある程度の費用がかかります。

美容上の理由でホクロを取りたいなら、美容の専門クリニックでとってもらうのが跡が残りにくく、綺麗になります。

池袋サンシャインクリニックでは、レーザーでのホクロの除去を良心的な金額で施術してもらえます。ドクターのの評判も良さそうです。

保険適用になるホクロと適用されないホクロ

以前、私は身体にあったホクロが少し大き目だったので気になってとることにしました。

二つホクロがあったのですが、一つは保険がきくけれど一つは美容形成の方に行ってほしいと言われました。二つのホクロはどちらもスイカ種ぐらいのサイズです。見た目の違いはホクロの厚みが違うことぐらいでした。

調べてみると、ホクロには保険適用されるものと、されないものがあり施設によっても違うようです。

保険適用になるホクロ

悪性の疑いが高いホクロや
放置すると危険と思われるホクロ

これらのホクロに対しては、病理検査をすることになります。組織の一部を切り取って、検査結果を待ちます。

悪性の疑いのないホクロでも条件にあてはまるホクロ

悪性の疑いや危険が高くなくても
「ある条件」に該当するホクロならば保険診療とすると決めている施設があります。

「ある条件」とは最終的には、診察するドクターの判断によるものです。

「ある条件」判断基準は施設によって、違います。

  • ほくろの大きさで決める場合
  • ほくろの形状で決める場合
  • 患者本人の意思を重視する場合

などがあります。

例えば、○ミリ以上は、病理検査すると決めている施設では、その大きさに該当するホクロなら保険診療となります。

レーザーを所有している施設では、レーザーで対応できる大きさのホクロなら自由診療とすると決めているところもあります。

レーザーでの保険診療を認める施設は少数のようです。

重要なのはホクロ除去の跡です

レーザーによる保険診療はごく少数で、大原則は、メスによるホクロ除去となります。

従って、保険診療でホクロを除去する場合には、メス切除により切開線が残ります。

レーザーを使った場合は、切開線はありませんから跡が残らないことが多いです。

まとめ

保険適応にこだわらずに、綺麗に除去できる方法を選んだほうがよさそうです。

クリニックでは、カウンセリングで料金その他の不安点を確認してから施術を受けるようにする。

池袋サンシャイン美容外科

では料金が明瞭です。事前カウンセリングでは、施術後の注意もしっかり質問できます。

悩んでいるなら、カウンセリングだけのつもりで診てもらえばよいと思います。納得できるなら、その日のうちに施術してもらってもいいし、不安が残るのであればよく考えてから再度予約をとればいいだけです。

一般の皮膚科でのホクロ除去は、初診で検査のため麻酔して一部分を取ります。その後結果を後日、聞きに行く。そして、施術の予約を決めます。手術であれば、同意書や、家族のサインなども必要でした。

また、皮膚科では料金のことは聞きにくい雰囲気があります。

私の場合は、「高額療養費を使って治療すれば、数万円で済みますよ」と悪性であった場合の説明はしていただけました。それ以上は、さすがに聞けませんでした。

レーザーでホクロ除去ができるクリニックはそんなに多くはなく、実際、私は切り取るかドライアイスで焼くかの2択でした。

以前みてもらった大きな病院はレーザーでしたが、保険外のものは、はなからしてもらえませんでした。しかも、レーザーで焼いたものも、1年ほどしたら再び同じところに出来ています

アフターのことも考えれば、レーザーの経験の多い信頼できるクリニックで診ていただくほうがいいです。ネットで評判を事前に検索して、思い切ってカウンセリングを受けることをお勧めします。

全てのホクロが保険診療となるのではない(逆に全て保険使える方がおかしい)ですが、事前にいくつかのクリニックの料金を調べてみるといいと思います。

池袋サンシャイン美容外科
のレーザー治療の料金は、1ミリのもの5000円ですから、かなりトライしやすい料金だと思います。皮膚科だと、除去の前の検査の段階で3割負担で約7000円必要ですから。

切り取りをすると、消毒や抜糸に何回か受診します。料金も高くつきます。市民病院で切り取ったら、3割負担で4万円程かかりました。そして、跡が硬くなって残ります。

 

美容医療の口コミを見る

ホクロだけでなく、その他の悩みも相談できるのがよいですね。



タイトルとURLをコピーしました