個人型確定拠出年金iDeCoの実際の商品を選ぶ方法と買ったあと

確定拠出年金

 

個人型確定拠出年金(iDeCo)のメリット、自分の資産についての考え方を説明してきました。今回は、どんな商品をどんな考えで選んでいくのか、さらに商品を購入した後について説明していきます。

商品をえらぶ

自分の資産を全体でみて、運用方針をきめたら個々の商品をみていきます。商品を選ぶ方法は2つあります。

  1. 資産配分を決めて、それぞれに合う商品を割り当てていく
  2. 自分の目指す資産配分に近い商品をあてる

資産配分を決めて、それぞれに合う商品を割り当てていく

資産配分を決めて、それぞれに合う商品を割り当てていく方法は

具体的には

日本株式 「TOPIX東証株価指数」に連動するインデックスファンドを選ぶ。東京証券取引所第1部に上場するすべての日本企業に投資することと同じになります。

世界株式 「MSCIコクサイインデックス」に連動するインデックスファンドを選ぶ。日本を除く先進国のうち70か国を対象としています

新興国の株式 「MSCIエマージング・マーケットインデックス」に連動するファンドを選ぶ。MSCI Inc.が開発した株式インデックスで、世界の新興国の株式の総合投資収益を各市場の時価総額比率で加重平均し、指数化したものです。

これらを3つ持つと、世界中を網羅して投資することになります。

自分の目指す資産配分に近い商品をあてる

自分の目指す資産配分に近い「バランス型ファンド」を利用する。資産全体のうち株式の比率を30%、50%、70%などと出ています。バランス型ファンドを選べば1本もつだけでOKです。

株式70%  リスクがあっても高いリターンを狙いたい人

株式50%     ↓

株式30%  リスクは取りたくないが、リターンも狙いたい人

リスクとリターンの関係図 楽天証券より

商品を購入する

商品を購入したあとは?

ときどき、運用成績をチェックします。1年に1、2回でいいです。

いくつかのファンドを購入しているうちに、自分の決めた配分でなくなってきますから、調整が必要になってきます。

調整の仕方は

値上がりしている資産を売却する

値下がりしている資産を購入する

または

積み立てる資産の比率・金額を変更する

これらの方法で、当初決めた資産の配分に修正しなおします。

年末調整と確定申告

自営業の方、会社員で個人振込を選択しているかたは、年末調整か確定申告をします。

手続きをしないと「所得税の還付」をうけることができません。毎年10月ごろ、「小規模企業共済等掛け金払込証明書」が送付されてきます。一般の保険会社も支払い証明書が来ますよね。それと同じです。

会社員の方は、年末調整のときに会社に証明書を出して処理してもらいます。

自営業、フリーランスの方は確定申告をします。

給与天引きで掛け金を支払っている人は、会社が自動的にしてくれます。証明書も送付されません。

[su_row] [su_column size=”1/2″]  [/su_column] [su_column size=”1/2″]  [/su_column] [/su_row]

iDeCoのお金を引き出すとき

引き出せる年齢は

個人型確定拠出年金のお金を引き出せるのは、60歳からです。

ただし、10年以上加入していなくてななりません。60歳のときに、加入期間が10年未満の人は、加入期間によって受給年齢がかわります。

引き出す方法

一時金でもらう、分割してもらう、一部をもらい残りを分割してもらう方法があります

もらう時には、その都度手数料がかかります。なので、毎月ではなくてある程度まとめて引き出しておいて、そこから必要分を引き出すようにするのがお得です。

60歳と決まっていない

引き出す年齢が近づいてきたら、保険商品や定期預金という値動きの少ない商品に切り替えていきます。

もしも、60歳の時点で市場が悪いときは、引き出すのを延長します。絶対60歳から、引き出さないといけないわけではありません。据え置きをしましょう。そして、市場が回復するのを待ちましょう。

iDeCoは60歳からは掛け金をかけることはできません。ですが、そのまま70歳までは運用じたいは継続することができます。運用時の非課税の条件も継続できます。

ですから他の金融資産を先に使ってからiDeCoの資産を引き出す方が有利です。

まとめ

50歳代半ばまでの方は、リターンを狙って積極投資に商品を当てて有利に運用する。

1年に一度くらいは見直しする。

iDeCoは70歳までの据え置く気持ちで、他の金融資産から先に使う

 

ここまで、個人型確定拠出年金について、金融機関の選び方や投資信託について、iDeCo向きの商品や考え方について説明してきました。iDeCoの特徴を活かした活用の仕方、考え方をわかりやすく説明してきました。

投資信託の運用管理費用は2%を超すものもあります。2%を超すものは、長い間にはボディーブローのように効いてきます。もっとお安いものを選ぶほうがいいと思うよ。

あなたに合ったポートフォリオが組めますように。

老後の資金はいくらぐらい必要なのか

老後資金の準備でおすすめできない商品

日本の年金制度のしくみと満額もらうには

公的年金は損だからやめたほうがいいのか?

60歳からも健康で働けるかの不安

今より、老後資金をためるのが難しくなる理由

老後の資産作り制度の確定拠出金年金とは

個人型確定拠出年金のおすすめの理由

個人型確定拠出年金の金融機関比較ポイント

個人型確定拠出年金の金融機関比較ポイント・商品

個人型確定拠出年金のPRで将来を想像してみる

個人型確定拠出年金の金融機関は資料請求で

個人型初出年金の口座を作ったら次にすること2つ

個人型確定拠出年金の商品の選び方をわかりやすく説明

タイトルとURLをコピーしました