ホクロの治療のために病院に行きました

美肌
カリフラワー

ホクロが異常な状態になった

皮膚のほくろやしみが大きくなったり、変形したり変化があったら悪性の事があります。

ホクロやイボが悪性の事はあまり多くはなくて、ほとんどは老人性のイボらしいです。

自分でカソーダを塗って、ヘンなことになったみたいです。ホクロはゴツゴツの黒いカリフラワーのように盛り上がってしまいました。

誰が見ても異常な状態です。

当然ながら検査をすることになって、先生からは深刻な話までされました。

「カソーダを塗った」とは先生に言えないまま・・・

悪性だった場合

先生は診たところ、やばいかも?と思ったのか

「おそらく、たんなるイボだと思いますが」といちよう、前置きして治療の概要の説明してくれました。

  • まず、県外の病院に入院してもらい、全身の徹底的な転移を調べること
  • リンパの流れをブロックする処置を受けます
  • 効果的な薬の検査をして投与します
  • 科学的な治療と薬で経過をみるので、入院はどのくらいの長さになるかわかりません

検査のために、ホクロを切り取り

皮膚科でほくろを取ってもらうと、病気じゃないからお高くつく

それを知っていたので、安価に気長に「ほくろ」を取ってしまおうと思ってたけど簡単にはいかないものです。

私:「取ってください、切ってもいいし焼いてもいいです」

先生:「それは、病気かどうかわからない胃を切り取ってくださいと言ってるのと同じですよ」

私:「?どちらにしても、要りませんから取ってもらいたいのです」

先生:「検査をしないと、取り方が決められないのですよ」

そして、検査するためにごく一部を切り取りました。

麻酔の注射がとても痛かったです。ティースプーン1杯程度の出血があったみたいです。

検査の結果

検査結果待つこと1週間。

当然なんですが、「ただのイボ」との診断でした。

ホクロの処置

検査結果は「単なるほくろ」「老人性のいぼ」と決定なので、処置は切っても焼いてもいいとのことです。

ドライアイスで焼きを入れてもらうことにしました。

この方法は、処置後に薬を塗ることも、絆創膏することもなく、入浴してもそのままで良いのです。

流れは

大やけどをさせて、かさぶたを作る

新しい皮膚が盛り上がってきて、かさぶたが取れる

一回りホクロが小さくなる

再び焼きを入れる

という流れで、何回か焼かないと取れないようです。

処置はちょっとチカッと痛みがありました。

焼いた後

焼いた後の方が、痛かったです。

帰り道に、だんだん痛みが出てきました。まさに、やけどの痛みです。

じんじんしてましたが、痛みどめを飲むほどではなく数時間で治まりました。

その後、入浴しても触っても痛みはありません。

まとめ

専門家に診てもらった方が、安心で確実です。

池袋サンシャイン美容外科
総合病院とかの皮膚科だと、美容目的での処置は難しいみたいです。それなら、最初から美容外科に行った方が相談できて安心です。

少しの金額の差なら、仕上がりがきれいなのが一番ですよね。金額の事も事前に聞けばいいわけですし。

私は安くしようと思ってカソーダをして、長引いて手間がかかっても結局、ほくろ取りはできませんでした。まだ、今はほくろがどのくらい小さくなるかとかもわかりません。

イラン事したばっかりに、変な跡になるかもしれません。

悪化させてしまって、検査で痛い思いをして・・・なんともなぁ 最初から美容外科に行っといたほうがよかったとつくづく思うのです。

タイトルとURLをコピーしました