マヌカハニーの効果とお味

はちみつ 生活の知恵

今日のハーブティは

デパートの中のアロマ専門店を訪問しました。

今回も何となく店内を見ていると、ハーブティーを勧めてくださったのでありがたくいただきました。

今日のハーブティはカモマイル、レモングラス、ミントなどのブレンドということです。

ほんのり林檎のような甘い香りと、スッと抜けるような爽やかな香りが、なるほどハーブティらしくて、おいしい。

「今日はマヌカハニーを試食していただけるのでどうぞ」と椅子を勧められました。

「どうぞ味をみてください」とマヌカハニーをスプーンですくって「どうぞ、お味を見てください」と差し出してくださる。

マヌカハニーって何か知らないので、しっかり聞いてきました。

マヌカハニーのお味

お味ははちみつだから、当然甘い。甘いがすっきりした甘さがする。

スーパーで日常使っているはちみつの強力な甘さではない。

ほんのり後にハーブの草の香りがする。

ロイヤルゼリー特有の虫の味?香りも少しある。

上等な甘さで、くどくはないが、ちょっと癖はある。

私はロイヤルゼリーで過去にアレルギー反応のじんましんが出たことがあるので、ちょこっとだけの味見にしときました。

アレルギーのない人なら、ヨーグルトにかけるとか、パンに付けるとかで普通にはちみつとして食べることができる。そのままでもおいしいと思います。

マヌカハニーの効果

マヌカハニーについて知らないと言うと、店員さんが丁寧に教えてくださった。

マヌカの木というのは昔から薬木とされているもので、「復活の木」とか「癒しの木」として重宝されている木である。

マヌカハニーは殺菌効果がありインフルエンザウイルスさえも抑える働きがあるとのこと。

マヌカハニーの期待できる効果

  • ピロリ菌、大腸菌などの胃腸疾患の改善
  • 虫歯、口内炎、歯周病の治療や予防
  • 喉の痛みや鼻炎の改善、風邪の予防
  • 切り傷、擦り傷、やけどの炎症を抑えたり、改善効果

胃腸疾患の改善

まず、ピロリ菌について。日本人の半数が感染し、50代以上の感染率は80%に達すると言われている胃の中の細菌のこと。

最近は人間ドックなどでピロリ菌の有無の検査を受ける人もいます。正式な名称はヘリコバクター・ピロリ。

ピロリ菌を放置しておくと、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃炎など胃のトラブルになったり、胃がんの発生にも関係あるそうです。

マヌカハニーの殺菌作用は、ピロリ菌の他の腸内のさまざまな殺菌に対して効果があり、しかも善玉菌に対しては活動を活発にさせる効果があるとの研究結果がある。

歯周病の改善と予防

口内の歯周病菌に対しても、マヌカハニーは殺菌効果があり、虫歯菌を減少させる効果がある。

口内炎には昔から、はちみつ自体が効果があると言われている。

風邪症状の改善

はちみつは風邪をひいた時にホットレモンにして飲むとよいと言われています。

マヌカハニーは炎症を和らげる効果があり、のどの痛みを和らげる効果がある。

風邪の時や鼻が詰まっている時にも、マヌカハニー入りの生姜湯などの飲み物をとるとラクになると言われている。

更には、マヌカハニーはインフルエンザウイルスの増殖を抑制する働きがある。

整調作用もあるので、風邪などの疾患にかかった時の胃腸の働きをたすけて症状の改善が期待できる。

傷の改善効果

傷にマヌカハニーを塗ると、高い抗炎症効果と殺菌力で傷を早く治すことができる。

その他、癌の治療や予防、コレステロール値の低下の研究などもされている。

へー、そうなんだ。すごいはちみつなのね、知らなかったわ。スーパーフードなんですね。

タイトルとURLをコピーしました