グルーデコで女子好みの豪華なキラキラアクセができます。

雑貨
この記事は約4分で読めます。

女子なら、ほぼ皆さん「光り物」が好きですよね。グルーデコはキラキラのアクセサリーが自分で作れてしまうクラフトです。

天然宝石は無理だけど、スワロでも敷き詰めるとすっごく豪華で、きらっきら☆になります。体験してきたので、紹介します。

スポンサーリンク

グルーデコ体験教室

教室の体験コース

ペンダントトップ、キーホルダーなどの簡単なデザインのものを、好きな色で作れます。

ボール状のまんまるこのキーホルダーがいい!と思いましたが、ボールは扱い方に慣れてこないと難しいとのこと。見た目ほど簡単ではないそうで、順に練習しないと見本のようにはできないらしい。

今回は、フラットなデザインのペンダントトップを初制作させてもらうことにしました。

グルーデコアクセサリーの作り方

  1. デザインを決める
  2. 粘土を練って土台に乗せる
  3. チャトンを乗せる
  4. 24時間放置して固める

グルーデコ・ジュエリー

グルーデコ・ジュエリーグルーデコ・ジュエリーの作り方

今回は体験レッスンなので、簡単なデザインにしました。

 

①まずは、ペンダントのデザインを選びから。

サークル、トライアングル、三日月の中から選びました。た。

②次は、土台の粘土の色を選ぶ。

粘土は数種類を混ぜて、好みの色を作ります。

③しっかり混ぜてから、グルーAとグルーBを混ぜる。あまりにも、ゆっくりしていると、固まってきます。

④粘土は手袋をして捏ねて、土台の金属になめらかにしっかりと、乗せていきます。

⑤土台の粘土が乗せれたら、チャトンというキラキラのストーンの色と大きさを決めていきます。

乗せる量も、場所も自由に決めて大丈夫。

⑥小さなチャトンは、バキュームピンセットという道具で掴んで、粘土に乗せていきます。

チャトンの埋め込みは深すぎず、浅過ぎず、傾かず、重ならず。

これが結構難しい。

入りすぎると修正はきかない。チャトンは大きさが違うと沈めた時の大きさが違うので、均等に埋めていくのは難しい。

わずかな数のチャトンだったが、1時間位かかってしまった。

⑦このまま24時間放置すれば固まります。

急ぐときや持ち帰りたいときには、おしぼりを温めるウォーマーに入れると早く固まります。

最近この方法が、みつかったそうで30分程度で完成。しっかり固まりました。

ちょっと、色選びが地味だったかな・・・

チャトンはダイヤモンド風カットで、円錐形を埋めているので、よく光りとても綺麗です。

もっと、カラフルなのとか、動物モチーフとかデザインしてみたい。

①教室はしたいデザインを自分で決めて、そのレッスンをしてもいい

②日本グルーデコ協会の講師認定講座に沿って、レッスンしてもいい

グルーデコを始める注意点

アレルギー

グルーデコの粘土は、AとBを混ぜて化学反応させますが、その粘土が手につくとアレルギーを起こすことがあります。

それで、手袋をして肌に付かないように注意して作業します。

敏感な方は、グルーが肌に付かなくてもわずかに揮発する物質で咳が出たり、体調が悪くなる人がいるそうです。

材料が高価

チャトンは必要な分だけ、ネットでも購入できるが、安くはありません。なん作品か作りたかったら、色や大きさも必要になって、ある程度購入すると数万円はかかってしまいます。

道具が必要です

バキュームピンセットを購入しないとレッスンはできません。バキュームピンセットは2万円程度します。

販売するには

作品をネットで販売したり、オーダーメイドの注文を受けて制作することもできます。

材料のチャトンが高価なのと、製作時間もかかるので販売価格は決して安くできません。販売となると、すぐにチャトンが取れてしまったりしないようにしっかりとした技術で制作しないといけません。

まとめ

極めるかどうかは、体験してから考えるべき

女性なら大好きな「キラキラアクセ」ですが、どうやら趣味にするにはお金がかかりそうです。アレルギーの心配と、細かい仕事なので目が疲れやすい人には難しそう。

でも、プレゼントされたら、めっちゃ喜んでもらえること間違い無しです。時間とお金に余裕があれば、すぐにでも始めたい気持ちです。

タイトルとURLをコピーしました