ケアマネ試験勉強で取っ掛かりで挫折しそうな人が最初に覚えるところ

その他

ケアマネ試験を受けようと思っている方、勉強ははかどっているでしょうか?

あまりの覚えることの多さに、嫌気がさしてはいませんか?

最初は「とても無理っ!」と思った内容をなんとか理解して、一発合格することが出来た私の方法を紹介します。

できるだけ安く、短い期間で、取りこぼしなく、独学で、効率よく、シンプルに勉強しました。

まずは、良いテキストを選ぶこと。「テキストの出題範囲は全部読む」ことが最初の目標となります。勉強に慣れるまでの工夫についてを紹介しています。

勉強の習慣をつけよう

ボリュームあるテキストを買ったら、コツコツ読み進めて最後まで読み切ることが最初の目標となります。その後、じっくりと深掘りしていくのですが、そこまで行けそうにない気がしませんか?

これだけの量ですよ。しかも、漢字の羅列のような内容です。とてもサクッと読めるものではないですよね。ですが、量が多いので毎日1時間、休日には3時間とかやらないことには終わらない。

私は、学生を辞めてから長い月日が経っているので、マジで気力が続かなくて、困りました。
お恥ずかしい話、30分もテキストを読んだらもう集中できない状態でおやつを探してみたり、メールをチェックしたりしてしまう状態。

テキストの選び方はこちら

勉強しやすいように

まずは、勉強の習慣をつける、テキストを開くのが大切なので

「1日1回、テキストを開く」←何ページも読まなくてもよいという決まりにしました。

それで、一番長くいる場所のリビングのテーブルの上にテキストを置きました。

試験が終わるまでテキストはここから動かしません宣言をしました。

絶対に片付けないことに決めて、家族が邪魔そうにしても、掃除しても定位置として見えるところに「でん!」と置いて、端っこにも置かずに真ん中です。とても目障りに感じましたが、慣れるために決めました。

勉強のススメ方

やりやすいやり方で

私はテキストを最初のページから順に、少しずつ理解を固めて次に進むタイプです。

人によれば、一番最後から始める人もいます。最後はたいがい結論が書いてあるので、何が書いてあるかを知ってから前に進むほうが理解しやすいとか。やり方はいろいろです。

最初は、勉強の習慣をつけるという意味で少しずつやっていきます。自分のやりやすい方法でやっていきましょう。最初のノルマはざっくり読み切ればいいので。

読み進めることに挫折

はじめて3日経って、5日経っても苦痛。テキストを開くんですが・・・全然おもしろくない!

習慣になってないから、多少の苦痛はしかたないです。ですが、ケアマネの勉強ははっきりいって学校の教科と違って全く楽しくない。そういえば、私には「社会福祉」という教科は最も楽しくなかった記憶がある・・・

「これがだめなら、これでやる?」と考える勉強の算数の方がパズルみたいでよっぽど面白いと思う。

ケアマネ試験は基本、覚えていけばいいタイプの勉強です。このタイプの勉強は、私にとってはかなりの苦痛でした。

ただ、ひたすら○○というものがあって、○○の仲間は○○で○○という法律で決められ・・・が続きます。

つまらん!全然やる気にならない。3日で無理なことがわかりました。さて、どうするか

覚えられない

いくら苦痛でも、何について書いてあるのかだけでもまずは覚えるしかない。

けれど、テキストの中身は長ったらしい漢字の名称が並んでおり、すっかりやる気をなくしてしまいました。

どんなことを勉強していくか?ぐらいわからないと、覚えようもないし。困った!

取っ掛かり

それで、考えついたのは、「もくじ」を覚えることでした。

目次は当然ながら、きれいに「介護支援分野」「保険医療サービスの知識等」「福祉サービスの知識等」にわけられています。分野の中も大見出し、中見出しとなっています。

もくじを見ると、これから覚えていく名称や順番などがわかります。内容などは後回しです、わけがわからなくても、単語を覚えるつもりになりました。

  1. もくじをブツブツ言いながら読む
  2. もくじをそのまま写して書いてみる
  3. もくじをブツブツ言いながら、書きながら覚える

本文は思いっきり漢字の名称が出てきて、とても読み進められない。もくじなら、量が少ないのでなんとかなりそう。名称を一つずつ漢字で書けるように覚えていきました。

内容はわからないままで、単語を覚える感じです。これをすると、最初よりかなり楽に本文を読めるのです。お試しください。

まとめ

「もくじ」をとっかかりにする。

毎日勉強して、名称に慣れる。

タイトルとURLをコピーしました