ケアマネ試験独学勉強はテキスト次第で合否が決まる。

その他

ケアマネ試験を受けようと思っている方、勉強ははかどっているでしょうか?

あまりの覚えることの多さに、嫌気がさしてはいませんか?

ですが、とても無理っ!と思った内容をなんとか理解して、一発合格することが出来た私の方法を紹介します。

できるだけ安く、短い期間で、取りこぼしなく、独学で、効率よく、シンプルに勉強しました。

まずは、「テキストの出題範囲は全部読む」ことが最初の目標です。

ケアマネ試験一発合格の勉強方法は習慣にしたこと

今回は、どんなテキストを選んだら良いのかについて記事にしています。

テキスト選び

独学で学習するのであれば、テキストが重要です。

テキストの良し悪しで、合否が決まると言ってもいいぐらいです。ですが、勉強する前はどれが内容が良いものなのかは、わかりにくいですよね。

良いテキストの選び方

  • 情報量がそこそこ多いもの。ページ数が多いもの。
  • 適当にイラストがあったり、まとめの表があるもの
  • 過去問題を例にあげて解説してあるもの
  • 補足事項・関連事項の情報が載っているもの

まずは、最初の1冊を選びます。内容が薄いものは、知識が足りないので結局数冊必要になって、不経済です。最初はうんざりしてしまいますが、情報量は多い方がいいです。ある程度の文字の量がないと、深いところまで理解できません。

自分の好み、勉強スタイルにもよりますが、テキストに例題や過去問題がたくさん入っているものが理解しやすいと思います。その例題の解説がどれだけ詳しいか、わかりやすいかというところが大事です。

模擬問題集や過去問題集を買うときも、その問題を徹底的に詳しく解説しているものを選んでください。

テキストは視覚的に理解しやすいように、イラストや表がたくさんあるものが覚えやすいです。覚える名称や、内容が比較しやすくまとまっているものならノートをとる必要がありません。

「書く」ということをすると、覚えやすくはありますが、時間がかかります。自分でまとめなくても、テキストにすっきりとまとめられた表があれば書かなくて効率がいいです。書くと時間が足りなくなります。

テキストの余白部分に、「参考」とか「補足」とか「コラム」とかの記事が出ているものがあります。実は、ここの部分は試験問題に出てきやすいところです。最初の1回めは、ざっくりテキストを読み終えるのが目標ですが、2回めに読むときにはこの部分も読んでおきます。

どれを買うか迷ったら

大人買いしない

私は受験の申込みをしてから当分経ってから、受験まで3ヶ月になってから書店にテキストを買いに行きました。

迷った挙句、1冊のみ買いました。500ページあり、他のテキストに比べ字も小さめ、空白も少なめのものです。どれも、よく勉強できそうに思えて買ってしまおうかと思ってしまいます。

最初はこの本、次はこの問題集といっぺんに3冊ほどを大人買いする人もいますが、
まずは1冊をやりきってから、次の問題集などを買ったほうがおすすめです。

弱点を知って2冊目

自分がどこの部分が弱いのか、どんなタイプが理解しやすいのかがわかってから、2冊目を買ってください。自分の弱点に適したものを見つけてください。

ある程度勉強していくと、解説欄を立ち読みすれば自分にあったものかどうかがわかります。最初のうちは、どれが自分に合っているのかわからないものです。

比較の方法

どのテキストにするか、候補を絞れたら、中の目次を見てみます。

どのテキストも、ほぼ同じような順番で解説されています。その中の一つの解説を見比べます。

すると、表が見やすいとか、文章の言い回しが理解し易いとか、関連して覚えたらいいことなどが出ているとか違いがわかると思います。

目次を比べて、細かく分かれていて見やすいか

後ろの索引ページで、掲載されたページがたくさんあるものがよいです。試験問題は、総合問題のような形ででるので、いろんなところに関わっている方がよいのです。

私が買ったのは

ケアマネ2017


クエスチョン・バンク ケアマネ2017

このテキストは本文500ページ、別冊で試験問題がついています。紙が薄いです。

内容は、例題により解説がすすめられています。その1つ1つの正誤について、詳しい説明があり続けて基本問題のまとめが続いています。

さらに、よく似た過去問題が出ており、詳しい解説があります。

語句には、他のページで出るものは記載ページが出ています。

イラストはグレーとオレンジのグラデーションのカラーで、落ち着いています。

私は使わない派ですが、赤シートがついていて語句の暗記ができます。

このテキストの良いところは、全て例題を取り上げることで解説されているところです。説明しきれないところは、過去問題を使っています。基本事項のまとめが最初でなく、例題のあとにあります。まずは、問題ありきというすすみかたです。結果的に、たくさんの問題を解くことになり、まとめも理解しやすかったです。

ボリュームがあるので、1ヶ月で読破するのは私は無理です。もっと早い時期に、最初に買うテキストとしておすすめです。本当にこの1冊で合格できましたよ。そのかわり、丁寧に読み込みました。

問題集は人からもらったので、買ったのはこれだけ。2700円ぽっきりです。講習にもいかず、

まとめ

重要なテキストは、自分にあったものを慎重に選んでください。

簡単、簡略しているものでは、知識が足りません。

タイトルとURLをコピーしました