アロマテラピー・モイストポプリのレシピ

生活の知恵

モイストポプリとは

ポプリとはドライフラワーに精油の香りをつけて、香りを楽しむものです。

モイストポプリはハーブを塩に入れて、香りを楽しむものです。ドライのポプリよりも香りが長持ちします。

塩を使うので容器の蓋は金属だと錆びてしまいますから注意です。

しばらく楽しんで、香りが薄くなったらバスソルトに使用して楽しむといいです。

モイストポプリの作り方

見た目にもきれいなモイストポプリの作り方を紹介します。

材料

  • バスソルト 300g 白がきれい
  • 好みのハーブ30~40g マロウブルー(青) ローズレッド(ピンク) ラベンダー(紫)
  • ガラスびん
  • リボン

作り方は簡単

混ぜて、層にして、リボンを飾るのみのシンプル手順です。

塩300gに精油を20滴入れます。

ここで、どんな精油を入れるといいかですが

香りを長く楽しみたいのなら、

トップノート、ベースノート、ミドルノートの精油から

それぞれ選ぶとよいです。

トップノートの精油は

ベルガモット
グレープフルーツ
オレンジスイート

ミドルノートの精油は

ラベンダー
ゼラニウム
レモングラス

ベースノートの精油

ヒノキ
ベンゾイン
フランキンセンス

 

モイストポプリの作り方

①塩300gに精油を好みの精油20滴入れて、ガラス棒などで混ぜる

精油は合計で20滴入れます。どんな配合でも構いません

②いったん塩を容器から出して、60gずつ分けます

③60gの塩を入れハーブを入れます。きれいに外から見えるように広げて、塩を入れて層を作っていきます

④交互に層に入れたら一番上はローズバッズピンクを飾ります。けっこう山盛りになりますが、時間がたてば沈むのでぎゅうぎゅうにしていいです。

⑤蓋をしてリボンを飾ります。

ポイントとまとめ

★今回は、自分の気分が爽やか系がよかったので、トップノートの精油ばかりを使って作ってみました。

もともと「香りが薄いものたち」だったので、玄関に置いても香りは長続きせず残念な結果に・・・

やはり、トップとミドル、ベースはバランスよく入れた方が長持ちしそうです。

★塩300gを60gに分けるのは、面倒です。

ですが、量らないと綺麗に層になりません

ひと手間だけど、量った方が絶対綺麗です。

★もし、自宅にハーブがあれば手軽にできます。

たとえば柑橘類の皮を干して使ってもいいです。ごつい皮の夏みかんなどは、外側を薄くむいてみかんの入っていたネットに入れて乾燥させます。

ミカンの皮は乾燥すると、生よりもずっといい香りです。

後でちぎると硬いので、生のうちに手で適当な大きさにちぎって乾燥させてください。

★香りがなくなってきたら、バスソルトにして使いましょう。

ただし、ハーブが入っているので排水管が詰まらないように注意してください。

ネットに入れるといいですね。

タイトルとURLをコピーしました