アロマテラピーの検定を受けてみよう

精油As- 生活の知恵
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

アロマテラピー検定とは

アロマテラピーを楽しむのなら、きちんと知識を持って行いたくはないですか?

アロマテラピー検定はそんなに難しい試験ではないようです。

アロマテラピー検定1級、2級の認定試験がどのように行われるか調べてみました。

試験の内容

試験方法は、1、2級ともに複数の選択肢から答えを選ぶマークシート形式になっています。

設問には、実際に精油の香りを嗅ぎ分ける香りテストも含まれています。

アロマテラピーに関する問題は、AEAJ(日本アロマ環境協会)が発行する公式テキストより出題されます。

出題数は1級が70問、2級は55問です。

香りテストとは

試験の冒頭で精油ビンが配られます。その香りを嗅ぎ、選択肢の中から正しい精油名を選んで解答します。

1級は17種の中から、2級は10種の中から

2問程度出題されます。

出題の傾向と対策

独学で受験する人も多くいます

とはいえ、アロマテラピー検定は、難しい試験ではないけれど、専門的な内容も含まれます。

テキストをよく読んで、重要事項を覚えることが必要です。

問題は、例年、精油のプロフィールにまつわる出題がされています。

その他の分野でも、まんべんなく出題されています。

香りテスト対策では、実際に精油の香りを体験して香りのイメージを自分でメモをとっておくことです。

アロマテラピー専門店などでは、試験対策用のキットが販売もされています。

アロマ検定試験は受験資格はありません。

年齢や経験などに関わりなく、どんな人でも受けられます。

試験内容

2級の試験

アロマテラピーを自分で楽しみ、健康維持のために用いる知識を問う

出題数55問 試験時間50分 合格基準正答率80%

出題範囲

  • 香りテスト
  • アロマテラピーについて
  • 精油の基礎知識
  • 精油のプロフィール(10種類)
  • 安全な精油の使い方
  • アロマテラピー利用法
  • アロマテラピーの歴史
  • アロマテラピーと地球環境

香りテストの対象精油(10種類)

イランイラン オレンジ・スイイート ジュニパーベリー ゼラニウム ティートリー ペパーミント ユーカリ ラベンダー レモン ローズマリー

ジャスミン

1級の試験

アロマテラピーを家族や周囲の人々とともに楽しみ、健康維持のために用いる知識を問う

出題数70問 試験時間70分 合格基準正答率80%

出題範囲

  • 香りテスト
  • アロマテラピーについて
  • アロマテラピーのメカニズム
  • 精油の基礎知識
  • 精油のプロフィール(30種類)
  • 安全な精油の使い方
  • アロマテラピーの利用法
  • アロマテラピーと健康
  • アロマテラピーの歴史
  • アロマテラピーと地球環境
  • アロマテラピーに関する法律

香りテストの対象精油(17種類)

イランイラン オレンジ・スイート カモミール・ローマン クラリセージ グレープフルーツ ジュニパーベリー スイートマージョラム ゼラニウム ティートリー フランキンセンス ペパーミント ベルガモット ユーカリ ラベンダー レモン レモングラス ローズマリー

アロマテラピー検定での資格は終身資格です。

一度取得したらずっと資格を保持できます。

タイトルとURLをコピーしました