アロマテラピー検定試験は独学でOK?1級の問題の難易度や合格率も!

おうち
この記事は約14分で読めます。

アロマテラピー検定の1級を受験してみました。
独学で、書店に売っているテキスト1冊で大丈夫でしたよ。
独学は無理で、スクールに行ったほうがいいのかな?とか、2級と1級を併願した方が良い?とか考えますよね。
この記事は、これから検定試験を受ける人の参考になるように、テキストの選び方や勉強の方法、1級と2級の難しさの違いなどをまとめました。
結論を言えば、難しくない試験です。

スポンサーリンク

アロマテラピー検定とは

「アロマテラピー検定」とは、
公益社団法人 日本アロマ環境協会(AEAJ)が実施っしている検定試験です。

この試験は、アロマテラピーに関する正しい知識を広め、日本におけるアロマテラピーの普及、啓発の担い手となる人材を育成することを目的としているものです。

日本ではアロマに関する国家資格はありません。「アロマテラピー検定」も民間資格になりますが、公益法人が行うもので広く認められているものです。

検定は1級と2級があります。
検定の目的は、次のようになっています。

2級 アロマテラピーを自分で楽しみ、健康に役立てる知識の習得
1級 家族や周囲の人とも楽しみ、健康維持に活用する知識の習得

ようするに、2級では自分だけの楽しみで、1級ではお友達と一緒に楽しんでいいっていうニュアンスです。

1級に合格することによって、より上位の資格がとれるようになっています。

1級合格した後にとれる資格
・アロマテラピーアドバイザー
・アロマテラピーインストラクター
・アロマセラピスト
もしも、アロマを仕事にしたいなら上位の資格もとるべきですね。
なにはともあれ、1級をとらないことには進めないようになっています。

検定の申し込み方法

アロマテラピー検定は、5月と11月の年に2回実施しています。

検定の申し込みは、AEAJのホームページから行えます。
公益社団法人 日本アロマ環境協会AEAJ

出願は簡単にできましたよ。

検定受験のスケジュールはこちらです。

受験要項配布 申し込み 受験票の発送 試験日 結果通知発送
5月試験 1月~ 2~3月 4月下旬 5月上旬 6月
11月試験 7月~ 8~9月 10月中旬 11月上旬 12月

検定の受験料金

受験料は、1級、2級、それぞれ6,000円ずつになっています。

合格できるか心配で、1級と2級を併願しても受験料の割引はなしですねぇ。
でも、2級を受験したことがなくて、いきなり1級を受けることもOKです。

アロマテラピー検定料金

1級が 6,000円+税
2級が 6,000円+税
両方で 12,000円+税

アロマテラピー検定の難易度と合格率

いきなり1級だけ受験するのは、自信あり過ぎ?
やっぱり、欲張りせずに2級からとるべき?

せっかく、受験するのなら一発合格したいですよね。

1級と2級の検定の内容

両方を併願受験する人が多いのかな~難易度はどんなものなのか心配ですよね。
1級と2級の内容はどのくらい違うかを比べてみました。

2級 1級
出題範囲 香りテスト

アロマテラピーについて

 

精油の基礎知識

精油のプロフィール(対象10種類)

安全な精油の使い方

アロマテラピー利用法

 

アロマテラピーの歴史

アロマテラピーと地球環境

香りテスト

アロマテラピーについて

アロマテラピーのメカニズム

精油の基礎知識

精油のプロフィール(対象30種類)

安全な精油の使い方

アロマテラピー利用法

アロマテラピーと健康

アロマテラピーの歴史

アロマテラピーと地球環境

アロマテラピーに関する法律

香りテスト 10種類 17種類
出題数 55問 70問
試験時間 50分 70分
合格基準 正答率80% 正答率80%

どちらも、合格基準の正答率が80%です。
80%ってけっこう厳しい気がする…

1級と2級では、試験の範囲もかなり違います。
香りテストも10種類から17種類となるところが心配ですよね。

そこで、次に合格率を見てみます。

アロマテラピー検定の合格率

「合格基準の正答率が80%」で、びびってしまいますが、合格率はどうなんでしょうか?

調べてみますと、あれれ?
1級も2級も、皆さんあっさりと合格されてるみたいです。

良かった!
心配しすぎた!

検定の合格率・合格基準・出題数
合格率:1・2級ともおよそ90%
合格基準正答率:80%
出題数:1級70問 2級55問

引用:AEAJのHPより

つまり、ひっかけ問題とかどっちだろう?
みたいな紛らわしい問題、迷う問題は少ないということですな。

もちろん、一通りの知識を習得しているのが前提ではありますが。

アロマテラピー検定試験は独学でいけるか

アロマテラピー検定の2級と1級の合格率は、90%もあります。
それって、しっかりとスクールに行って基礎から学んだ人が多いから高い合格率なのでしょうか?

アロマスクールや講座のメリット・デメリット

アロマテラピーと検索してみると、相当な数のスクールや講座がヒットしますね。
アロマを教える、アロマ教室というやつです。

初めてだったら、何から覚えていったらいいのか心配になり、スクールに行くべきなのか迷いますよね。
私はアロマの楽しみ方とか、精油の選び方とか知らなかったので、スクールを調べてみました。

もしも通うなら、自宅から通いやすいところがいいと考えました。
体験レッスンOKと、ホームページに出ているところの予約をとり、行ってみました。

スクール・講座のメリット

  • 講座内容はカリキュラム通りに進めればOK
  • 試験に出やすいところなどのを教えてもらえる
  • 実技をしながら進めるので、楽しい
  • 自分でアロマ教室を開くときに役立つ知識ややり方を学べる
  • いろいろな精油を試すことができて、自分でアロマの効果を確認できる

スクール・講座のデメリット

  • 費用が高額の事が多い
  • スクールに通うための時間が必要になる
  • 途中で講座を辞めても、料金はもどらないし、必要な材料はセットになっていて先に一式を購入になることが多い。

スクールや講座は、アロマに興味がある人にとってはとても楽しい勉強です。
実習で作るアロマ石鹸、アロマソルトなどは、自分で使って楽しめます。

何より、今の自分が「好き」と思う香りで手作りできるので、充実感があるのです。

ただし、精油そのものも安いものではありません。
ですから、講座は少々お高くなっています。

通信講座では、ユーキャンのアロマ検定対応講座は55,000円です。
私が、体験レッスンを受けた会社の講座は、少人数制で12万円ほどでした。

うーん‥
私にとっては、少々お高いです。

検定試験の難易度は、合格率から察してさほど難しいわけではありません。

ということは、

  • 好きな香りに包まれて、楽しみながら勉強できることを重視する
  • とりあえず試験を受けてみて、次に楽しむことを考える

の2択で、講座の受講を考えれば良いのではないかと思います。

受験は1級と2級のどちらにするか

検定の受験は、いきなり1級を受けてもいいし、併願で受けてもかまいません。どうするか、悩むところですよね。

検定の受験パターンは次の3つ

  • 2級から受けてみるか
  • 両方受けてみるか
  • 1級だけ受けてみるか

実際に、何も知らない状態からテキストを購入して、受験してみて言えることは
試験は全然難しくないということ。

1級と2級の違いは、単純に試験の範囲の違いです。
1級になると、問題の難易度が上がるわけではありません。

出題範囲が広がれば、それだけ難しくはなります。
香りテストも、対象となる精油の種類が10種類から17種類にはなります。

しかし、問題そのものが難しくなることはないのです。

香りテストについても、どちらも単独の香りを選択する問題です。
1級では、「ブレンドされた香り」で難易度が上がるということはありません。

ですから、2級を受験するか1級を受験するか、または、併願にするかは、勉強する期間がある程度あるのかどうかで決めると良いと思います。

つまり、ある程度の勉強時間を確保できるなら、1級を単発で!
テキストの最後まで読める時間もないかも?なら、2級にしておくか…

実際には、受験の申し込みをしてから勉強を始めても十分に1級に間に合います

また、テキストを読んでなくても「カン」でいける問題がいくつも盛り込んであります。

特別に多忙な方以外は、2級でなく1級を狙って大丈夫です。
通勤の電車の15分や、寝る前の15分を勉強に当てればいけます。

具体的には、受験日まで1ヶ月程度あれば、併願にする必要は全然なくて、1級オンリーでいっちゃってください。
併願すると、12,000円ですからね(^^)

独学での勉強の方法

スクールについては、実技での「楽しい」というメリットは魅力です。
でも、お金にシビアにいくなら、「自分はこの先、この知識を活かすことができるだろうか?」でしょうかね。

今後も、アロマセラピストなどの資格をとって仕事に活かしたいとか、自宅サロンを開きたいと考えているなら、スクールで実技の方法を覚えていくほうがベストだと思います。

今回の私の場合ですと、メインの欲求は
「自分ひとりが、自分のお家で、自己満足したい」
というもの。

アロマの基礎知識があったら、楽しめるかも?
ベランダのハーブを何かに活かせるかも?

そのぐらいの、かるーいレベルでして、
アロマで商売の可能性があるのか?というのはありましたが、商売したい!ではありませんでした。
なので、落ちてもかまわないので独学にしました。

まんべんなく、代表的な実技レッスンを教えてもらえると考えると、さほど値段は高くないのかもしれません。

おすすめの本(テキスト)

試験勉強で大切なのは、本(テキスト)ですよね。
とりあえず、書店に行って中身を確認しましょう。

人によって、好みや使い勝手が違いますよね。
迷ったら、下記のおすすめの本のポイントを参考にしてみてください。

おすすめの本のポイント
・日本アロマ環境協会公式テキストに対応しているテキストであること
・適度にカラー使いで、見やすいもの
・適度にイラストがあって、見やすいもの
・重要な事項がわかりやすく、表や図を使っているもの
・内容と問題がセットになっているもの
・模擬テストが付いているもの
・検定に対象の精油のプロフィールとイラスト(写真)が、わかりやすいもの

書店には、いくつも検定に対応している本があると思います。
どれも良い本に見えますね。

自分の使いやすそうなものを1冊選んでください。

「1級と2級が1冊で勉強できるもの」で大丈夫です。
それと、テキストとは別に問題集を買う必要はありませんよ。
「模擬問題もセットになっているもの」で、いけます。

公式テキストに対応しているものなら、基本的にどれを選んでも大丈夫そうです。

強いて言うなら、説明と共に、「重要語句」「注意」「ポイント」「参考」が欄外に説明してあるものが使いやすいかも。

試験では、それらの欄外にピックアップされたところが重要になります。
「ポイント」でなく「参考」でも、そこが試験に出るところです。

私が選んだのは、これです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

1回でカンタンに受かる!アロマテラピー検定1級、2級テキスト&問題集
価格:1728円(税込、送料別) (2019/4/16時点)

楽天で購入

 

 

ほかにも、似たようなタイプのテキストがあります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

最短で合格!アロマテラピー検定1級2級テキスト&問題集
価格:1512円(税込、送料別) (2019/4/16時点)

楽天で購入

 

 

セブンネットショッピング で探す

楽天でテキストを探してみる

勉強のやり方のコツ

基本的には、テキストに沿って、初めから順番に進めていって大丈夫です。
でも、私はまずは「もくじ」を確認しておきます。

もくじを確認すると、ある程度の予測を立てて勉強できるのでおすすめです。

もくじを確認するメリット
・これから覚えていくことの流れがわかる
・どの部分にどれだけのページをさいているのかわかる
・覚えにくそうなところがわかる

勉強の予測が立てられると、確認問題にかけれる時間も把握できますよね。

テキストを見ると、各章ごとに確認問題が出ていますよね。
あれを、丁寧に読んで覚えていきます。

チェック問題みたいなやつです。この問題だけで、7割ぐらいは正答できるはずです。

巻末、または別冊になっている模擬試験問題はやっておきましょう。多くの問題はほとんどそのまま出ます。

検定は、まんべんなく問題が出されるのでテキストの赤字で書かれているところは全部出ると思っていいぐらいです。

たった1冊の本を、3回は丁寧に読み込むと1級でも楽勝で合格できます。

環境問題の知識は少しいります

問題はアロマテラピー検定受験のための知識ではなく、一般常識に近い問題がいくつも出題されました。

例えば、
「植物が光合成を行うと二酸化炭素が排出される」
「ストレスを感じる対象は誰にでも同じように対象になる」

それから、
「フロンガスやオゾン層の破壊が進んでいる」
「PM2.5などの公害が問題になっている」
「エコバックやマイ箸を使うことなどの取り組みがされている」

といった、常識の範囲の環境問題がいくつも出されていました。
特に勉強しなくても、得点できるサービス問題がたくさん。

香りテスト対策

特に覚えなくても知っている香りが、選択問題の中に必ずあります。

例えばレモン、オレンジスィート、ペパーミントは誰もが知っている香りですよね。それを除いたものの香りを覚えていきます。

香りは、いっぺんには覚えられません。
テキストの勉強と平行して、ひとつずつ香りを覚えていくようにします。

香りの覚え方は、まず知っている香りを確認して、次に特徴ある香り、例えばイランイラン、ローズマリー、カモミールローマンを覚えていくと効率が良いです。

香りの覚え方の順序
1.良く知っている香りを確認する
2.印象的な特徴をつかみやすい香りを覚える
3.それ以外の香りを似たものを比べながら覚える
4.香りとセットで、精油のエピソードや著書や人物も覚える
5.数日に分けて覚える

香りテスト対策では、少量ずつ検定対応の精油がセットになったものが販売されています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アロマテラピー検定 精油 セット 1級A/生活の木/ネコポス送料無料
価格:2916円(税込、送料無料) (2019/4/16時点)

楽天で購入

 

 

これで覚えておくと、安心です。
セットではごく少量しか入っていませんが、検定のためなら十分です。

精油が余れば、手作り化粧品などに利用しましょう。
作り方レシピの記事もありますので、どうぞ

モイストポプリ

桜色のリップグロス

香りを覚えるときには、セットでプロフィールと科名、注意事項、イラストなどもひっくるめて覚えてしまいます。
木なのか、花なのか、実なのか、葉なのかは何度も問題に出てました。

■実際の受験では、香りテストが最初に行われます。

ビニール袋に入った精油瓶が二つ配られます。
瓶には①、②とそれぞれシールが貼ってあり、問題にある4つの精油の中から選ぶようになっています。

ちょっと不安だった「レモンとレモングラス」「ローズとゼラニウム」のような、似ている香りの嗅ぎ分けは出題されませんでした。

逆に、似ている香りを区別できて答えられたら自信になります。

香りテストで覚えておくべきもの
2級で覚えたい精油:「ジュニパーベリー」と「ティートリー」
1級で覚えたい精油:「スイートマージョラム」と「フランキンセンス」

とはいえ、香りテストはたった2問のみです。
合格基準は正答率80%

すると、
2級55問のうち、正解数44個で合格
1級70問のうち、正解数56個で合格

そう考えると、たった2問ですから香りテストは捨てても構わないと思います。

検定のための勉強期間の目安は?

試験なのである程度の時間は必要です。
でも、素直に覚えれば良いだけで、応用とかはありません。

難易度としては、とても優しい試験です。
この検定の目的自体が、合格者を絞り込む「落とすための試験」ではなくて、「アロマテラピーを好きな人を増やすための試験」ですから。

アロマテラピー1級検定
勉強の期間の目安:2週間程度

一般的に香りのテスト対策も含めて、2週間あれば大丈夫だと思います。
そこそこ、集中してできる時間があれば1週間で大丈夫。
さらに、要領よくできる人は、3~4日といったところでしょうか。

実際に検定を受けた感想

かなりゆっくりのペースで問題をといていっても、時間的には大丈夫でした。
特に丁寧に読み進んでも30分ぐらい時間が余るぐらいです。

ほとんどの人が、時間が余って困ります。
でも、最後まで退室できないので、伏せって寝ています。

試験問題は、ほとんどまんべんなく出ています。
「重要な語句」となっているところは、全て出ています。

子供・お年寄りについての問題がいくつも出ていました。

Simplicity | 内部SEO施策済みのシンプルな無料Wordpressテーマ

まとめ

アロマテラピー検定の難易度は簡単で、合格率も90%と高いです。
検定は1級、2級の併願もできますが、1級の単独でも難しくありません。
アロマスクールや講座がたくさんありますが、検定のためだけであれば独学で十分合格できます。

簡単でしたと言っておきながら、落ちてたら笑えるなぁと思っていましたが先日郵便がきました。  

 

 

合格通知書と、次のステップアップについての資料が郵送されてきました。

基本的な知識は今回の受験でわかったので、自分なりのアロマを楽しもうと思います。

タイトルとURLをコピーしました