60歳からも健康で働けるか不安は大きいです。

お金の話

趣味や娯楽、旅行するのにもお金がかかります。お金は充実した人生を送るための土台ですから、考えたくはないけれどしっかりとお金と向き合わなければいけません。
SBI証券
(ネクシィーズ・トレード)

高齢者雇用安定法

最近は高齢の方が働いているのをよく見るようになりました。

元気なうちは、働けるならば働いたほうがいいです。ですが、やはり60歳をこえて65歳ともなりますと身体能力はどんなに健康な人でも衰えます。

60歳の定年後も希望者全員を雇用することを企業に義務付ける「高齢者雇用安定法」改定案が成立しています。

続けて働いても構わないけれど、

  • 給料は半分ぐらいに大幅に減額
  • パート扱いになる

現役と同じ条件ではなく、大きな収入減は避けられません。

急速な高齢化の進行に対応し、高年齢者が少なくとも年金受給開始年齢までは意欲と能力に応じて働き続けられる環境の整備を目的として、「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」(高年齢者雇用安定法)の一部が改正され、平成25年4月1日から施行されます。

厚生労働省高齢者雇用安定法改正

現役時代と同じような収入にはならず、生活は大変です。

60代前半は厚生年金をもらいながら、少し働くというようなゆとりある働き方はできなくなりました。

60歳からも働くのが当然?

60歳になったら、多くの会社では給料が大幅に減ります。そして、年金の支給は65歳からです。

60歳を過ぎて働いていても、生活費が足りない可能性は大きいということ。

健康であっても、やはり高齢になって働くのはかなりしんどくなってきます。

疲れがとれなかったり、ミスが増えてしまったりします。仕事も早くできなくなります。無理をして、病気になる人も増えるのではないでしょうか。

かなり高齢の方がきつい仕事をしていると、痛々しいなと思うことがあります。自分の将来の姿だと思うからそう思うのかもしれませんが。

現役時代は、仕事に追われ家庭に追われて、毎日忙しく生活しています。将来のことは考えないようにしている方もいるかもしれません。ですが、はやく準備しないと間に合いません。

タイトルとURLをコピーしました